スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱を新しくしました。

と、書くとまるでGIVI箱の話のようですが、違いますw。ロングツーリングの時にしか出てこないホムセン箱の事です。



今まで使っていた箱は45Lサイズで特に容量が足りないということも無く使えておりました。が、近年になって今までになかった装備が原因で、容量不足を感じるようになってしまいました。カメラとかノーパとか持っていくと意外とかさばるのですよね^^;




そこで用意したのが、チーム過積載でよく見かける緑箱!一つ50L を2段重ねです!!



でかーww

そんなに容量いらんだろと思うかもしれませんが、断じて違います。容量が余ってもいいのです。「積めない」のと「積まない」のでは天と地ほど差がありまして、積める様に作っておくのは重要なのです。それを真面目にやるとチーム過積載の仲間入りしてしまうわけですがwww



前と違うのは容量だけではありません。箱にフックを付けてパッキングを完全に解かなくても上の箱を開けられるようにしました。使ってみるとわかるのですが、ちょっと物を出すのに全部ロープを外さないといけないと面倒でその内開けなくなりますw。デットスペース化しては意味が無いので、なるべく簡単に物の出し入れが出来た方が都合がいいのです。

まだ実際には使っていませんが、

これは、

ちょっと、

(;´Д`)はずかs(ry

どこかで見かけても指差さないで下さいw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

東北の猛暑も一段落な秋の気配がきた今日この頃。 しかし過積載マニアがいましたね笑。ホムセン箱は何て言っても低価格。しかも丈夫だし。でもスタイル的にかなり無骨だが旅の便利は格別に向上しますね。荷物フル満載はこけたらかなり怖いが… 私も今回浜松市まで行ってきましたがGiVi箱をデカくした分かなり便利でした。RFに過積載…実際走ってる所を見てみたい笑

No title

すごい積載量ww
こんなに必要な遠出がしてみたいですv-218

にしても同じつけるにしてもこのユーティリティを大事にした工夫。
さすがです♪

No title

>支部長さん
過積載マニアというわけではないのですが、
登山用の小型の寝袋とかコンロとかテントとか
値段がすごいのですよね~
で、普通サイズの物を使うと自然と荷物の質量が増えるのですw
走っているところを見られたら指差されて笑われそう。

>ひろちさん
一泊でも一週間でも持っていく荷物はさほど変わりませんよ。
着替えの数か変わるくらいで、
キャンプツーはいつもこんな感じです。
いっぱい積めるって素晴らしいww
仲間内では一番排気量小さいのに一番荷物が積めますw

No title

しかし今更ですがカッコイイRFですねww
車体の青も然ることながらタンクのストライプも渋いですし
積載してる姿がまた似合う!

確かに新型箱はデカいですが
RFのお尻が大きいのでそこまで違和感もない気がしますw
箱の色を変えてみるとシックリくるかもしれませんね

No title

タンクの塗装はげ隠しで貼ったシールでしたが、
見慣れると不思議といい感じに見えて来ますw
今となっては、剥がしたら紫外線焼けの境界が
はっきり見えそうで怖くて剥がせませんよ^^;

実はコレの箱を買った後に違うホムセンに行ったら
同じ形状で紺色の物が売っておりました。
ちょっと失敗したなぁと思いました。

まぁ年2~3回しか使わないものですから
使うときは覚悟決めて積載しますw
プロフィール

第13工房

Author:第13工房
見に来て頂きどうもありがとうございます。第13工房RF_TRICKはスズキRF400のDIYや旅の話がメインのページです。

サイト内の情報を元に改造される場合は、すべて自己責任で行っていただきますよう宜しくお願い致します。

>第13工房トップページ

>掲示板

>過去ログ倉庫


外部リンク>


RFオーナーズクラブ。過去ログの情報量は素晴らしいです。時代の流れか、現在では訪れる人も少ないようです。

THE BEAT of RF400RV / LEVIN
ネットでお知り合いになった方のブログです。DIYのアイディアはピカイチ。毎度いい刺激を頂いておりますw

Untitled Motorcycle - RF900R
RF900を全塗装した猛者な方のHPです。モデファイのページは一見の価値あり!色々参考になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。