スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足回り取付

皆様ご機嫌よう13工房です。アクセス解析って無情ですよね。実のところ支部長さんしか見ておられないだろうと思いつつ更新していたので確認しておりませんでしたが、改めて確認して驚きました。えーと、閲覧者一日平均1~3人、

うち一人は多分私w。

先月頑張って更新しておりましたが、まぁこんなもんですよね。予想通りはいえ・・・・。今回で書きためた分をすべて投稿致しますので、続きは時間開けてモチベーション復活したら投稿します。

20150601_001.jpg

さて、引き続き余剰品から使えそうなものを組み上げていきます。今回は足回りです。置く場所に困るフレームをとりあえず自立できるようにします。フロントフォークは唯一使えそうな13工房RFからの取り外し品です。オーバーホールしてから2000kmくらいしか使わず倉庫行きとなった物ですので中身はほぼ新品です。他にも曲がったフォークと錆びたフォークがありましたが、そのままではとても使えそうもありませんでした。
フロントフォークに合わせてハンドルクランプも後期型にすることにします。すでに外見では前期なのか後期なのか分からない様相を呈して参りました。

20150601_000.jpg

フロントディスクは不動車取り外し品を使用します。さすが走行4000kmだけあってディスク面はほとんど摩耗しておりません。ブラケット部分は若干錆が出ておりましたのでさび落としして、フレームを塗装した際についでに2液ウレタンで塗りました。後はキャリパーのネジが頭だけ錆ているので替えのボルトが必要ですかね。見た目的な意味で。
フロントホイールは部品取り車取り外し品です。経年劣化していそうなベアリングと空気入れプラグは新品に交換しました。タイヤもヒビ割れていたので割れていないタイヤへ交換。一応未使用品ですが、倉庫に長期保管していたBT92ですので、割れて無いだけマシだろうという位の物です。なぜか片面だけレタリングされてました。何故に片面だけ・・・?当時の自分が何を思ってそうしたのかさっぱり覚えておりません。

細かい部分なのですが、気がついた点として93年式と94年式でハンドルバーの厚みが違います。パーツリストをお持ちの方なら確認できると思いますが、93年式はハンドルバーウェイトがゴムをバーに差し込み膨張させて固定する方式、94年式からはバーエンドにネジ固定方式と変更されています。それに伴いハンドルバーのパイプの厚みが変更されているようです。想像するに理由は微振動対策ではないでしょうか。きっと不評だったのでしょうね・・・なんとなくですが。もちろん前期型と後期型ではハンドルクランプの形状が違いますのでバーは加工して流用することにします。

豆知識的なものとして、右スイッチのふさがっている個所には、900の海外仕様でライトのオンオフスイッチが付きます。この前900の方に見せて頂いて気がつきました。金型は流用して印字とフタで違いを出しているようですので、該当する900のパーツリストがあれば、自分でオンオフスイッチを増設できるのかもしれません。

20150601_002.jpg

リア側はとりあえず暫定で13工房RF取り外し品を付けておきます。スイングアームは補強入りの後期型をそのまま使用することになりますが、ホイールの色を前後で合わせる為に後日ホイールだけベアリング交換して取付ようかと思います。

だんだんと不足部品が表面化してきて心穏やかではない段階に突入してまいりました。在庫を漁っても部品が微妙に足りない!ミラーが片側無かったり、タンデムステップが無かったり、グルグルフックもとい荷掛けフックが見つからなかったり。組み立てているうちに他にも出てくると確信を持って言えますw。

20150601_006.jpg

お次はアッパーカウル周辺を組立ます。まずは部品を固定する為にブレースカウリング(アッパーカウルのフレーム)の錆落としからです。このフレームに関しては普通に乗っていても錆びてくる数少ないパーツです。普段カウルの裏側にある部分ですので、よほど風通しが悪いのでしょう。

20150601_007.jpg

ゴリゴリ削ってシャシーブラックで塗装します。錆易い部分なので見た目度外視でかなり厚めに塗装しました。シャシーブラックはとても垂れやすく、とても分厚い塗膜が出来ます。さらにブレクリ等に大変弱い為使える部分が限られますが、こういった隠れた部分に使うにはとても使いやすい塗料です。なんといっても安くて大量に入っているのが喜ばしいw

20150601_003.jpg

お次はメーターを組立ます。とりあえず中身の動作確認は電源を投入して動かなかったらということで組み上げてしまいます。非常に少ない走行距離は、ブレーキディスクの減り、スプロケの状態から多分実走です。錆錆でしたが、タイヤも含め全部新車当時の物が付いておりましたので、一度の交換もされず放置期間に突入したのでしょう。約5000kmなら、長くても1年程の実動期間を経ていると仮定して、放置歴はざっと19年?位と予想しております。その割に致命的な腐食が今のところありませんので、最初の10年位は屋根下かカバーをかけた状態で保管されていたのかもしれません。

20150601_008.jpg

組みあがったメーターを車体へ固定し、発掘したヘッドライトとミラー(片側だけ)とウインカー(これも片側だけ)も取り付けてみました。基本的に部品があるかどうか確認するのが先決ですので、ほとんどの部品は手締め状態です。仮組ではありますが、取り付いている部品が増えてくるとRFっぽさが出てくるものですね。

20150601_009.jpg

おっと・・・これは・・・ブレーキホースが届かない・・・;
ハンドルクランプを後期にした影響がこんなところに出るとは・・・。後期のホースあったかなぁ;;



と、いうわけで続きは夏くらいにでも再開いたします。見て頂いていた方ありがとうございました。
ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先日のツーリングではどうもありがとうございました!
いろは坂を上りきって暫くして颯爽と13工房さんが現れたときはさいたまRFのメンツは皆感動の嵐でしたよw
内容も盛りだくさんで、とーっても濃い時間だった故にすごく面白かったですw

そして、前にお邪魔したときに和室に鎮座してたフレームが
すっかりRFらしい形になってるとは素晴らしい進化っぷりですねw
『この子は確実に走りたがってる感』がひしひしと感じられて実にいいものです。

また近々遊びに行くつもりですので、その際はぜひよろしくお願いいたします!

No title

先週はお世話になりました。全員舗装林道で体力的に撃沈してましたねw。ツーリングの前はきちんと寝て下さい^^;

まだまだ部品を選定している段階ですのでこれからが本番です。一番手のかかるエンジンが難所ですね。パッキンだけで1万円以上するはずですので失敗できません!

又ご一緒しましょう。

素晴らしいですな~ 部品のストックが沢山あるのはいいですが、欠品部品は新規に買うしかないですね(*_*)頑張ってくださいませ(^O^) そうそう、この前はツーリングに参加ありがとう御座いました。

No title

部品のストックが多すぎなので組立てて場所を空けようという感じです。欠品部品はタイミング良くオークションで出てくるの待ちですかね。ミラーとか現在価格で片側5000円近くするらしいので、他車種流用でもいいかなと思い始めてますわ^^;
プロフィール

第13工房

Author:第13工房
見に来て頂きどうもありがとうございます。第13工房RF_TRICKはスズキRF400のDIYや旅の話がメインのページです。

サイト内の情報を元に改造される場合は、すべて自己責任で行っていただきますよう宜しくお願い致します。

>第13工房トップページ

>掲示板

>過去ログ倉庫


外部リンク>


RFオーナーズクラブ。過去ログの情報量は素晴らしいです。時代の流れか、現在では訪れる人も少ないようです。

THE BEAT of RF400RV / LEVIN
ネットでお知り合いになった方のブログです。DIYのアイディアはピカイチ。毎度いい刺激を頂いておりますw

Untitled Motorcycle - RF900R
RF900を全塗装した猛者な方のHPです。モデファイのページは一見の価値あり!色々参考になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。