スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームの話

皆様ごきげんよう、一向に部品が片付かない13工房です。

先日不動車を入手したというお話を致しましたが、これにより部品の整理をすることと相成りました。大きな部品といえばフレーム、エンジン、足回りでしょう。カウルも結構かさばりますが、軽いので後々考えようと思います。今回はその中のフレームについてです。

20150505_00.jpg

以前リア足回りの寸法取りの為に用意した赤色フレームと、今回入手した青色フレームの二つ、どちらか片方を処分することに致します。状態の良い方を残そうと思っておりましたが、見比べて見るとどちらもいい勝負です。が、よくよく見比べると一部構造が違う事がわかりました。

20150505_02.jpg

赤色フレーム、フレームナンバー103xxx
前期型のキャンディーレッドです。

20150505_01.jpg

青色フレーム、フレームナンバー104xxx
これも前期型のキャンディスターリットブルーメタリック(34R)です。

写真のエンジンマウントブラケット取り付け穴の部分を見比べて下さい。
青い方には補強が入っていますが、赤い方にはありません。この二つ、年式的には94年で同じなのですが、赤い方が1月に発売開始、青い方が6月に発売開始と半年ほどの開きがあります。どうやらその半年間の間に補強が入ったようです。同じ前期型とはいえこんなところに違いがあるとは・・・。ちなみにサービスマニュアルの変遷には載っておりませんので、こっそり補強入れましたってことだと思います。

95年には前期後期との境目となるマイナーチェンジがあり、各部の構造が見直されましたが、それに先だって初期ロットの不具合が修正されたのでしょう。なんだか車関係とかだと「あ~あるあるw」って気がしますね。これでいうと、94年のRR型は「前期の後期」というような一年限りの仕様だったと言えます。

そんなわけで、折角補強が入っているので青い方を残して、赤い方は整理することにします。とはいえ普通に捨てるのでは面白くない。






切った張ったでこう・・・・

・・
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・







出来ました!

20150505_03.jpg

エンジンマウントです。
まぁロマン装備みたいな物ですよね。

とりあえず今回はここまで、
ではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素晴らしいエンジンハンガーですな(笑) 無駄にしないところがいいですな(^O^) しかし短期の小変更はこっそりしてましたね(◎o◎) 900はサービスマニュアルの写真ではエンジン上部にフレームタウバーがあり、カウル展開図ではサイドカウル脇から伸びるラムエアパイプ図が掲載されてます。メーカーは日々変更点を見つけ、いい製品を世におくりだしてますな(*_*)メーカーの設計はかなり考えられてます。

No title

あまりにも些細な変更だったりするとほとんどわかりませんねw。違いを発見して、きっと他にも変っているところがあるのだろうなと思いました。900のラムエアパイプとかかなり斬新だと思いますが、無くなったという事は効果があまりなかったのですかね。発想は面白いのに残念。
プロフィール

第13工房

Author:第13工房
見に来て頂きどうもありがとうございます。第13工房RF_TRICKはスズキRF400のDIYや旅の話がメインのページです。

サイト内の情報を元に改造される場合は、すべて自己責任で行っていただきますよう宜しくお願い致します。

>第13工房トップページ

>掲示板

>過去ログ倉庫


外部リンク>


RFオーナーズクラブ。過去ログの情報量は素晴らしいです。時代の流れか、現在では訪れる人も少ないようです。

THE BEAT of RF400RV / LEVIN
ネットでお知り合いになった方のブログです。DIYのアイディアはピカイチ。毎度いい刺激を頂いておりますw

Untitled Motorcycle - RF900R
RF900を全塗装した猛者な方のHPです。モデファイのページは一見の価値あり!色々参考になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。