スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焚火台

皆様ご機嫌よう13工房です。梅雨の時期はツーリングの準備的な事が多くなるわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回はキャンプ道具の中でも作れそうなものということで、焚き火台を作ってみました。某密林を見ていて思ったのですが、要は焚き火台=金属製の台ですから、トレイに足生やせばイコール焚き火台と言っていい気がします。

201606231.jpg

こんな感じなら焚き火台と言っていい?ですかね。材料はトレイ1個、中敷き2個、鉄丸棒1本、以上!。構造はいたって簡単で、トレイの四方に穴をあけて、丸棒を曲げて作った足を引っ掛けてあるだけです。

・・・どうせ火を焚くなら何か焼きたいよなぁ・・・。

201606232.jpg

・・・網も作ってみました。構造もトレイとだいたい一緒で網に丸棒の足を引っ掛けただけです。ここまで作って、市販品買った方が手っ取り早くてよかったと若干後悔w。ほとんどの材料が100均とはいえ、手間暇考えると微妙な気分です。

201606233.jpg

全部分解すると写真のようになり、バイクに積める位の大きさになります。

201606234.jpg

実際に使ってみましたが、バイクツーリングで火を焚くってのは非常にメンドイですね;なぜなら関連する道具やら資材で荷物の容量をかなり圧迫します。特に燃料となる木炭の類はかさばる上に一回では使いきらない!一番小さい3kgですら2~3泊分はあります。その間余った燃料はバイクで持ち運ぶことになるわけで・・・、一人でやるには敷居が高いかなと思う次第です。改めてキャンプ場で調理やら焚き火やってるライダーの人たちはすごいと感じましたわ。

ではまた
スポンサーサイト

メンテナンスメモ

135500km
インテークインシュレータOリング交換
キャブレター分解清掃
タンク下左右クッションゴム交換
スロットル、チョーク、クラッチワイヤグリスアップ
ガソリンフィルタ→キャブ間ホース交換
同調確認

イグニッションコイル
1・4番:1次側3.6Ω、2次側37.5kΩ=正常
2・3番:1次側3.5Ω、2次側37.6kΩ=正常

キャブセッティング
PS1+1/4→3(薄)
JN2/5→3/5(濃)
考察:PSは単に濃すぎ、
JNはマフラーの排気抵抗が少なく流速が速くなっている為と思われる。
あと夏だし
要後日プラグ焼け確認

イグナイタ
\1:2:3:4:5:6:7:8:9:10(+)
1)\:∞:6.51M:∞:17.1M:6.4M:6.4M:6.4M:16.1M:6.4M
2)∞:\:6.2M:∞:16.5M:6.1M:6.1M:6.1M:15.5M:6.1M
3)∞:∞:\:∞:5M:4.7k:4.3k:4.5k:4.8k:6.6k
4)∞:∞:8.9M:\:22.2M:242k:253k:249k:20.7M:247k
5)∞:∞:4.6M:∞:\:1M:1M:214k:12.1M:4.6M
6)∞:∞:4.7k:∞:5M:\:3.9k:2.2k:4.8M:1.9k
7)∞:∞:6.3k:∞:5M:3.9k:\:3.7k:4.8M:5.9k
8)∞:∞:4.5k:∞:5M:2.1k:3.7k:\:4.8M:4.1k
9)∞:∞:1M:∞:10.1M:1M:1M:1M:\:1M
10)∞:∞:6.6k:∞:5M:1.9k:5.9k:4.1k:4.8M:\

デカール張り付け

皆様ご機嫌よう13工房です。
いよいよ最終段階のデカール張り付けです。純正のデカールはちょっと高額すぎるので、いつものごとく手作業で切り出します。ちなみにどれくらい高額かといいますと1枚2~5000円程、現在入手可能な分だけでも総額2万円は余裕でかかります。

201606081.jpg

塗装する際にはがしておいた純正デカールを元に切り抜き用の線を起こしました。定規で測りながら作りましたので、並べてみると概ね同じ形状です。いつものごとくスティックのりで型紙をカッティングシートに張り付けてカッターで切り抜きます。

201606082.jpg

上からタンク左右、シートカウル左右、アッパー中央です。

201606083.jpg

ついでにラインテープ等を駆使して模様をつけてみました。あまり難しい模様は作るのが大変なので簡単ではありますが、真っ白の時に比べてメリハリが出てイメージが変わりますね。

話は変わりますが、作業中にフロントタイヤを見たら細かいヒビが出てました。さすがにこのままじゃ車検は厳しいかなという状態で、ちょっとしょんぼりです。終わったと思ったら終わってなかったw。乗る気のあまり無い車体に新品のタイヤとかちょっとなぁと思う反面、試運転はしたいので車検は通したいというジレンマでどうするか悩み中です。バイク屋さんのぞいてみて車検が通りそうな廃タイヤが都合よくあるといいなと思う昨今でございます。
ではまた

メンテナンスメモ

皆様ご機嫌よう13工房です。ちょっと忘れそうなのでメモ書きです。

青RFメモ

134800km
フロントホイールベアリング交換
フロントタイヤ交換BT023


白RFメモ

<車体周り>
カウル全塗装(白)※元は青、赤、銀、グレーとバラバラ。
→タンクはウレタン、それ以外はシリコン変性ラッカー
モールは汎用15mmミラータイプカット品
フレーム塗装(青→艶消し黒ウレタン)
インナーカウル全塗装(ABS樹脂地→黒)リアフェンダーも含む
スクリーン交換(MRAツーリングスクリーン)
シート張替(エンボス加工合皮)
ミラー交換(汎用ミラー加工品)
アンダーカウル交換(FRP製オリジナル)
タンデムステップホルダー交換(前期→後期型)ステップ新品
見える部分の錆びたネジは新品交換。
ワイヤー関係はすべてグリスアップ。

<電装周り>
ハンドルスイッチ配線加工(前期→後期型)
ハザード追加
クラッチスイッチ追加
バッテリー交換(定期的に補充電実施)
バッテリーメンテナンス配線追加
HID取付(SOLAM製hi&low切替式)バラストはシート下イグナイタの隣)
ウインカーは変形有の為交換推奨(多分密閉不良で浸水する)
ブレーキランプ点灯パターン逆仕様(上側常時点灯)

<フロント周り>
フロントホイールベアリング交換
フロントステムベアリング交換(上下)
フロントタイヤバルブ交換
スピードメーターケーブル交換
ブレーキディスク黒色塗装(元は金色)
ブレーキキャリパー分解清掃
ブレーキパッド交換
マスターシリンダー分解清掃
ブレーキフルード交換
フロントフォークオーバーホール※時間経過の為オイルとダストシールは交換した方が良い
フロントタイヤ交換BT39※時間経過の為交換した方が良い
フロントフォークは後期型の物を使用。その為、関連したハンドル関連のパーツも後期仕様。
トップブリッジカバー付属(カーボンFRP製オリジナル)

<リア周り>
スイングアーム交換(前期→後期型)付帯するキャリパー等も後期仕様
リアホイールベアリング交換
リアホイールハブベアリング交換
リアサスリンク分解清掃
チェーン交換(Oリングタイプクリップ式金色)
スイングアーム塗装(艶消し黒ウレタン)
ドリブンスプロケット塗装(約4000km使用の物)
ブレーキディスク塗装(約4000km使用の物)
リアホイールバルブ交換
キャリパー分解清掃
ブレーキフルード交換
タイヤ交換BT020※とりあえずはめてある状態。
→サイズ180と適正サイズではない。走行可能だが交換推奨

<エンジン周り>
シリンダー交換(程度のいい中古品)
ピストン交換1、2番(程度のいい中古品)
ピストンリング交換1~4番(新品)
ヘッド分解清掃
ヘッドカバー塗装(アルミ地→耐熱黒)
エキパイ塗装(耐熱黒)
オイル交換※試運転用の安オイルの為交換推奨
オイルフィルター交換
プラグ交換
LLC交換
キャブレター分解清掃(一部部品交換)
キャブレター同調調整
ガソリンホース交換
ガソリンフィルター追加(コックポンプ間)※純正でキャブ直前にも有。合計2個付。
エアフィルター交換(汎用品カット)

チェンジペダル修理

皆様ご機嫌よう13工房です。
今回は以前転倒した際に折れたチェンジペダルを使えるように修復しました。
RFのステップ周りは運が悪いと立ちゴケで使用不能になります。何故かと言いますと、ステップの折れそうな部分が概ねアルミダイカストな為、曲がらずに”もげる”ことが多いからです。経験上ステップバーの根元の穴か、右ならブレーキペダル先端突起部分、左ならチェンジレバー先端突起部がもげます。私も例にもれず何度か破損させたことがありまして、その際に折れたレバーを捨てずに置いたものが今回のベースになります。

201604251.jpg

用意するのは以下の物です。

・M5XL50皿ねじ:1本
・φ7xt0.5位(内径φ5以上)パイプ:100mmもあれば十分です。
・汎用チェンジレバー用ゴム:1個
・緩み止め付のM5ナット:1個

全部合わせて1000円位で揃います。
確かチェンジレバーの純正価格が5000円以上だったと記憶しておりますので、コストパフォーマンスはまずまずではないでしょうか。

201604252.jpg

折れた部分ですが、見ての通りアルミ溶接の薄いところで千切れている印象です。というか破断面的にほとんど溶接が溶け込んでおらず、中心部分にあったと思われる棒の部分に穴ができております。折れるべきところが折れた!という非常に分かりやすい状況です。

201604253.jpg

裏側は単に穴があいているだけで、棒が入り込む以外は特に溶接等はありませんでした。
ということは、この表面の薄い溶接部分を研削すれば、スポッと抜けるのではないかと思い、早速加工してみることにしました。

201604254.jpg

表面をガリガリ削ってみると、うっすらと接合面が見えてきました。・・・本当に全然溶接が溶け込んでないようです。

201604255.jpg

裏と表交互に軽くたたいてみると予想通り抜けました。

201604256.jpg

次にチェンジレバー先端部分の取付です。チェンジレバー用ゴムの長さに合わせて用意したパイプを現合でカットします。カットした単管をゴムの内側に入れスペーサーとして使用します。後はネジとワッシャとナットでチェンジレバーへ固定します。

201604257.jpg

最後に表面を綺麗にして終了です。
加工時間的には1時間位で終わってしまいました。何を使うか考えながらホムセンとバイク用品店ハシゴした時間の方がよほど長かったように感じます。念のため運転中にポロっと落さないようにネジロックでも付けておけば大丈夫でしょう。
以上、折れたチェンジレバーかブレーキペダルをお持ちの方は予備として復活させてみてはいかがでしょうか。

ではまた。
プロフィール

第13工房

Author:第13工房
見に来て頂きどうもありがとうございます。第13工房RF_TRICKはスズキRF400のDIYや旅の話がメインのページです。

サイト内の情報を元に改造される場合は、すべて自己責任で行っていただきますよう宜しくお願い致します。

>第13工房トップページ

>掲示板

>過去ログ倉庫


外部リンク>


RFオーナーズクラブ。過去ログの情報量は素晴らしいです。時代の流れか、現在では訪れる人も少ないようです。

THE BEAT of RF400RV / LEVIN
ネットでお知り合いになった方のブログです。DIYのアイディアはピカイチ。毎度いい刺激を頂いておりますw

Untitled Motorcycle - RF900R
RF900を全塗装した猛者な方のHPです。モデファイのページは一見の価値あり!色々参考になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。